コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏肋 ケイロク

デジタル大辞泉の解説

けい‐ろく【鶏×肋】

《「後漢書」楊修伝による。鶏のあばら骨には食べるほどの肉はないが、捨てるには惜しいところから》たいして役に立たないが、捨てるには惜しいもの。
《「晋書」劉伶伝から》身体が弱く小さいことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいろく【鶏肋】

〔「後漢書楊修伝」より。ニワトリのあばらの意。食うほどの肉はないが、捨てるには惜しいところから〕 大して役には立たないが、捨てるには惜しいもののたとえ。 「次に-として存じて置きたい一話は、蘭軒が猫を愛したと云ふ事で/伊沢蘭軒 鷗外
〔「晋書劉伶伝」より〕 身体のかよわいこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏肋
けいろく

ニワトリ(鶏)の(あばら)骨のこと。食べるほどの肉もないが、捨てるには惜しいという意で、たいして役だつものではないが、捨てるのは惜しまれることのたとえ。中国、三国時代の魏(ぎ)の丞相(じょうしょう)曹操(そうそう)の軍は漢中を平定し、さらに蜀(しょく)の劉備(りゅうび)を討とうとしたが、進撃にも守備にも困難であったため、態度を決めかねていた。そのとき曹操はただ一言「鶏肋のみ」といい、部下たちはその真意を解しかねていたが、ひとり楊修(ようしゅう)だけがその意を悟り、「鶏肋は食えば得るところなく、捨てれば惜しむべきがごとし」といって引き揚げた、と伝える『後漢書(ごかんじょ)』「楊修伝」の故事による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶏肋の関連キーワード宮脇 紀雄伊沢蘭軒中山高陽小河一敏小松百亀笠松謙吾正宗敦夫菅野彊斎ニワトリ浅見与七平野富屋晁補之

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android