浅野慶熾(読み)あさの よしてる

美術人名辞典の解説

浅野慶熾

幕末の大名。広島藩主十二世。浅野斎肅の子。通称上総介・安芸守、初名は長裕、号は益斎。頼聿庵に師事し、大書を能くした。侍従・従四位に至る。安政5年(1858)歿、23才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野慶熾 あさの-よしてる

1836-1858 幕末の大名。
天保(てんぽう)7年11月12日生まれ。浅野斉粛(なりたか)の子。安政5年父の跡をつぎ,安芸(あき)広島藩主浅野家10代となるが,在任5ヵ月で同年9月10日病没。23歳。前名は長裕。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android