浅野斉粛(読み)あさの なりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野斉粛 あさの-なりたか

1817-1868 江戸時代後期の大名。
文化14年9月28日生まれ。浅野斉賢(なりかた)の子。天保(てんぽう)2年父の跡をつぎ,安芸(あき)広島藩主浅野家9代となる。天保の大飢饉(ききん)と河川普請公役などによる出費増のため,藩財政は極度に困窮した。慶応4年1月12日死去。52歳。前名は長粛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android