浅野長矩墓および赤穂義士墓(読み)あさのながのりのはかおよびあこうぎしのはか

国指定史跡ガイドの解説


東京都港区高輪(たかなわ)にある播州赤穂(ばんしゅうあこう)の城主・浅野家の菩提寺、泉岳寺にある墓。1922年(大正11)に国の史跡に指定された。境内には浅野家代々の墓とあだ討ちを果たした大石以下46人の墓、討ち入りに先立ち1702年(元禄15)に自害した萱野(かやの)三平や討ち入り後に自首した寺坂吉右衛門の供養塔がある。1701年(元禄14)に江戸城内で吉良上野介(きらこうずけのすけ)との刃傷事件を起こし切腹した浅野長矩の墓は、高さ75cm、幅31cm。討ち入りを指揮した筆頭家老の大石良雄の墓は、高さ102cm、幅40cmで板葺き屋根の小屋の中にある。泉岳寺の義士の墓に通じる道沿いには、「主税(ちから)の梅」「血染めの梅」「瑶池梅(ようちばい)」などと名づけられた梅が残っている。赤穂義士記念館に義士討ち入りの関係資料が展示されている。都営地下鉄浅草線泉岳寺駅から徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android