浜村 純(読み)ハマムラ ジュン

20世紀日本人名事典の解説

浜村 純
ハマムラ ジュン

昭和期の俳優



生年
明治39(1906)年2月7日

没年
平成7(1995)年6月21日

出生地
福岡県粕屋郡宇美町馬場

本名
武内 武

学歴〔年〕
福岡市立商業学校〔昭和1年〕卒,プロレタリア演劇研究所〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸能功労章〔昭和61年〕,日本映画批評家賞(特別賞)〔平成7年〕

経歴
昭和8年新築地劇団に入団し、役者としてスタート。15年劇団文化座に入り、浜村純と改名、戦後も新劇活動を続けながら28年「女ひとり大地を行く」で映画初出演。その後「」「ビルマの竪琴」「野火」「祭りの準備」など数多くの話題作に出演、名脇役として活躍する。シリアスなものからコメディーに至るまで、幅の広い演技には定評がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

浜村 純
ハマムラ ジュン


職業
俳優

本名
武内 武

生年月日
明治39年 2月7日

出生地
福岡県 粕屋郡宇美町馬場

学歴
福岡市立商〔昭和1年〕卒,プロレタリア演劇研究所〔昭和8年〕卒

経歴
昭和8年新築地劇団に入団し、俳優としてスタート。15年劇団文化座に入り、浜村純と改名、戦後も新劇活動を続けながら28年「女ひとり大地を行く」で映画初出演。その後「狼」「ビルマ竪琴」「野火」「祭りの準備」など数多くの話題作に出演、名脇役として活躍する。シリアスなものからコメディーに至るまで、幅の広い演技には定評がある。

受賞
芸能功労章〔昭和61年〕,日本映画批評家賞(特別賞)〔平成7年〕

没年月日
平成7年 6月21日 (1995年)

伝記
愛・夢ばなし―私の出会った素敵な人たち脇役の美学佐々木愛 幕あい対談 佐々木 愛 編著田山 力哉 著佐々木 愛 著(発行元 教育史料出版会講談社いかだ社 ’01’96’92発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜村 純の関連情報