浦伝ふ(読み)ウラヅタウ

デジタル大辞泉の解説

うら‐づた・う〔‐づたふ〕【浦伝ふ】

[動ハ四]浦々を伝って行く。舟で海辺に沿って行く。
「岩越ゆる荒磯波にたつ千鳥心ならでや―・ふらむ」〈千載・冬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android