コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪子・武男 なみこ・たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浪子・武男 なみこ・たけお

徳冨蘆花(とくとみ-ろか)の小説「不如帰(ほととぎす)」に登場する男女。
浪子は陸軍中将片岡毅の娘で,海軍少尉川島武男と結婚する。肺結核のため,夫が遠洋航海中に姑(しゅうとめ)により離縁され,悲嘆のうちに血をはいて死ぬ。浪子は大山巌の娘信子,武男は三島通庸(みちつね)の子弥太郎がモデルとされる。小説は明治31-32年「国民新聞」に連載された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android