コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島通庸 みしま みちつね

9件 の用語解説(三島通庸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三島通庸

子爵、山形、栃木県令、土木局長、警視総監。明治21年(1888)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みしま‐みちつね【三島通庸】

[1835~1888]内務官僚。薩摩(さつま)の生まれ。福島県令・栃木県令に在任中、地方開発を強行して、福島事件加波山(かばさん)事件を起こし、自由党員を弾圧。のち、警視総監となり、保安条例を執行し、自由民権運動を弾圧した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三島通庸【みしまみちつね】

明治政府の官僚。自由民権運動の弾圧に辣腕(らつわん)を振った。薩摩(さつま)鹿児島藩出身。倒幕運動戊辰戦争に参加し,維新後は東京府権参事などを経て,1874年酒田県令に就任,ワッパ一揆押さえる
→関連項目県令河野広中田中正造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島通庸 みしま-みちつね

1835-1888 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)6年6月1日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。酒田,鶴岡,山形,福島,栃木の県令をつとめ,各地で道路,学校,庁舎などの建設をおしすすめる。明治15年会津三方道路の建設強行で,対立する地元農民,自由党員を弾圧(福島事件)。18年警視総監となり,20年保安条例民権運動家約570名を東京から追放した。明治21年10月23日死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三島通庸

没年:明治21.10.23(1888)
生年:天保6.6.1(1835.6.26)
明治時代の官僚。林太郎,弥兵衛,千木とも。薩摩(鹿児島)藩士三島通純,秀の子。家は代々御能方鼓役を勤め,幕末の石高は50石弱。急進的な尊攘派で,文久2(1862)年寺田屋騒動に連座,謹慎。その後長州征討,戊辰戦争に参加した。その間,藩内の寺院整理や廃仏にかかわり,また山陵取り調べを命じられる。維新後は藩の会計奉行,都城地頭を務めた。明治4(1871)年東京府に出仕,権参事として銀座煉瓦街の建設を進めた。5年教部大丞となり,神道に基礎を置く国民教化を展開し,木戸孝允,島地黙雷らと対立した。7年12月酒田県令に転出,以後17年11月内務省土木局長に転じるまで,鶴岡,山形,福島,栃木の各県令を歴任。その間栗子隧道,会津三方道路などの大土木工事を推進し,東北地方の産業育成に努めて「土木県令」の異名をとった。その強引なやり方は住民の反発を招き,「鬼県令」とも称され,特に会津の道路建設では自由党員や県議会と対立して,福島事件(1882)の原因を作った。18年12月警視総監に就任,20年12月保安条例が施行されると民権運動の活動家570人を東京から追放した。19年7月臨時建築局副総裁を兼任,上州遷都を建議している。当時鹿鳴館で開催された仮装パーティー後醍醐天皇に忠誠を尽くした南朝の武将児島高徳に扮したのは,いかにも彼らしい。<参考文献>平田元吉『三島通庸』,佐藤国男『三島通庸伝』,国立国会図書館編『三島通庸関係文書』,阪谷芳直『三代の系譜』

(新井登志雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みしまみちつね【三島通庸】

1835‐88(天保6‐明治21)
自由民権運動の弾圧に辣腕(らつわん)をふるった薩摩藩出身の内務官僚。討幕運動,戊辰戦争に参加。維新後,東京府権参事,教部大丞を経て1874年酒田県令となり,旧税法反対の農民運動ワッパ一揆を弾圧する。76年山形県令,ついで82年福島県令となり〈火付け強盗と自由党とは頭をもたげさせず〉と豪語。山形,栃木,新潟に通じる〈三方道路〉の工事を計画して,この負担に反対する河野広中議長以下の福島県会と全面対決し,県下自由党員に弾圧を加えた(福島事件)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みしまみちつね【三島通庸】

1835~1888) 内務官僚。旧薩摩藩士。福島県令・栃木県令などを務め、この間福島事件などを起こし、自由民権運動を弾圧、加波山事件を誘発した。のち警視総監。保安条例を執行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島通庸
みしまみちつね

[生]天保6(1835).6.1. 鹿児島
[没]1888.10.23. 東京
内務官僚。子爵。薩摩藩士として討幕運動に活躍。明治4 (1871) 年東京府権参事,明治5 (1872) 年教部大丞,1874年酒田県令,1882年福島県令となり,1883年栃木県令を兼ね,1884年内務省土木局長,1885年警視総監。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三島通庸
みしまみちつね
(1835―1888)

明治時代の内務官僚。天保(てんぽう)6年6月1日、薩摩(さつま)藩士通純の長男に生まれる。討幕運動、戊辰戦争(ぼしんせんそう)に参加。維新後、東京府権(ごん)参事、教部大丞(だいじょう)を経て、1874年(明治7)酒田県令となり、封建地代の廃止を求める農民運動「わっぱ騒動」を弾圧。1876年山形県令、ついで1882年福島県令となり、会津若松から山形・栃木・新潟各県に通じる三方(さんぽう)道路の工事を計画。福島県会(議長河野広中(ひろなか))と衝突し、抵抗運動を組織した県下自由党員に弾圧を加えた(福島事件)。翌1883年栃木県令を兼任して同県下でも土木工事を推し進め、また、急進的自由党員から命をねらわれた。1884年内務省土木局長に転じ、翌1885年警視総監に就任。1887年三大事件建白運動を弾圧し、保安条例を執行して民権家570人を東京から追放した。同年子爵。明治21年10月23日死去。国立国会図書館所蔵の「三島通庸関係文書」は、自由民権運動研究の重要史料である。[大日方純夫]
『平田元吉著『三島通庸』(1898・洗心書院) ▽佐藤国男著『三島通庸伝』(1933・同書刊行会) ▽幕内満雄著『評伝 三島通庸――明治新政府で辣腕をふるった内務官僚』(2010・暁印書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三島通庸の言及

【加波山事件】より

…1882年11月の福島事件以来,関東諸県の自由党員の間には,狂暴化する政府の弾圧にテロリズムで対抗しようとする傾向が強まった。福島事件に連座した河野広躰,三浦文治ら福島の自由党員は,83年4月釈放されると,福島県令三島通庸(同年10月より栃木県令兼任)の暗殺を計画してその身辺をねらった。一方,栃木県では下都賀郡の自由党員鯉沼九八郎が83年末,政府転覆をめざして爆弾の製造を開始していた。…

【福島事件】より

…自由民権運動に対する最初の大弾圧事件。1882年,福島県令三島通庸と同地の自由党員・農民との対立が激化した結果おこった。東日本でもっとも早く政治結社が結成された福島県下では,明治10年代にはいると自由民権運動が大きな高揚をみせ,自由党(1881年10月結成)の拠点の一つとなった。…

※「三島通庸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三島通庸の関連キーワード置千木埼玉県加須市弥兵衛甲斐九郎加藤幸太郎斎藤弥兵衛玉井弥兵衛玉水弥兵衛(2代)玉水弥兵衛(3代)玉水弥兵衛(4代)光村弥兵衛

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三島通庸の関連情報