コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮れ草 うかれぐさ

世界大百科事典 第2版の解説

うかれぐさ【浮れ草】

端唄(はうた),小唄の詞章集。松井譲屋編。江戸後期の京都・大坂の俗曲を収録したもので,1822年(文政5)に筆写本として成立した。京坂の普通の端唄のほかに〈国国田舎唄の部〉〈ばれ唄の部〉〈おどけ唄の部〉〈きやり唄の部〉があり,民謡や民衆生活意識の資料としても価値がある。取材範囲の広さの点で,同時代の文献として貴重である。湯浅竹山人編《小唄文庫》第2編(1927)に収録。【長尾 一雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮れ草の関連キーワード絃曲粋弁当槍さび端唄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android