コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮世人形 うきよにんぎょう

大辞林 第三版の解説

うきよにんぎょう【浮世人形】

江戸時代、当時の風俗を模した衣装人形。女性・遊女・役者・若衆を題材としたものが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の浮世人形の言及

【衣装人形】より

…江戸初期から発達し,浮世絵と同じくその当時の風俗を題材として若衆,遊女などの人形が多い。浮世人形とも呼ばれた。《雍州府志(ようしゆうふし)》(1686)には,小さなものは芥子(けし)人形といったとある。…

【人形】より

…頭や手足はたいてい木彫に胡粉を塗り,毛髪を植え,衣装を着せる。江戸時代の書物に〈浮世人形〉とも称しているように,世上のさまざまな人物を作り,ポーズは初めより固定させた飾物の人形である。江戸時代の書物にまた〈若衆人形〉〈野郎人形〉〈おやま人形〉とみえるように,当代の俳優に似せたものが多かった。…

※「浮世人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮世人形の関連キーワード衣装人形岩槻人形平田郷陽玩具遊女若衆