コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮床工法 ウキユカコウホウ

1件 の用語解説(浮床工法の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

浮床工法

一般に、コンクリートスラブとフローリング板の間にグラスウールなどの緩衝材をはさんで床を作ること。遮音効果が高いといわれる。コンクリートスラブとフローリング板で挟みこむものは、湿式(コンクリートスラブを作るのに水を使うから)浮床工法、コンクリートスラブの代わりに、木材や合板、ボード、成形材などで作るものを乾式浮床工法という。間に挟む材料としては、グラスウールだけでなく、防振ゴムにさらに加工を加えた、防音性だけでなく床としての強度も増す新素材などがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮床工法の関連キーワードスケーリング生コンクリートコンクリートブロックサーモコンクリートコンクリートジャングルコンクリート舗装フロスト・スターリングコンクリートスラブフローリング工事床スラブ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone