コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩衝材

デジタル大辞泉の解説

かんしょう‐ざい〔クワンシヨウ‐〕【緩衝材】

物どうしがぶつかり合う際の衝撃を緩和するための材料。紙・布・ゴム・発泡スチロール気泡緩衝材などが用いられる。
(比喩的に)対立する二者の間にあって仲立ちをするもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

緩衝材の関連キーワードcushion floor共進ペイパー&パッケージ顎関節症/顎関節内障∞にできるシリーズポリスチレンバブルラッププチプチの日グラスウール∞プチプチエアバッグ浮床工法音響設計軽量の日発泡ゴム気泡材料スプーマ大石産業ぷちぷちどうしテネコ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緩衝材の関連情報