コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海参/熬海鼠/煎海鼠 イリコ

デジタル大辞泉の解説

いり‐こ【海参/×熬海鼠/煎海鼠】

ナマコの腸(はらわた)を取り除き、塩水で煮てから干したもの。ゆでてもどし、あえ物や中国料理に用いる。ほしこ金海鼠(きんこ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海参/熬海鼠/煎海鼠の言及

【いりこ(煎海鼠)】より

…現在ではおもに中国料理に用いられるが,古くは日本でも重要な食品で,《令義解(りようのぎげ)》にその名が見え,《延喜式》によると若狭以下6ヵ国から貢納されていた。中国では海参(ハイシエン)というが,これはチョウセンニンジンに似た薬効があるとされたことによる。製法は内臓を抜き去り,希薄食塩水で1時間ほど煮熟して放冷し,天日または火力で乾燥する。…

※「海参/熬海鼠/煎海鼠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海参/熬海鼠/煎海鼠の関連キーワード乾し海鼠・干し海鼠ピンソン(兄弟)いりこ(煎海鼠)ジャノメナマコウラジオストク仲野 理一郎仲野理一郎通海参詣記干し海鼠新井精斎八宝菜いりこ野呂山煎海鼠青和えナマコ漁業海図海鼠俵物

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android