コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鼠 カイソ

デジタル大辞泉の解説

かい‐そ【海×鼠】

ナマコのこと。

こ【海鼠】

ナマコ古名
「故(かれ)、今に―の口裂くるなり」〈・上〉

なま‐こ【海鼠】

ナマコ綱の棘皮(きょくひ)動物の総称。すべて産。体は円筒形で前後に細長く、前端に口と触手、後端に肛門があり、皮膚の中に小さな骨片が散在。種類が多く、マナマコは生食のほか、海参(いりこ)海鼠腸(このわた)に加工する。 冬》「尾頭のこころもとなき―哉/去来
製錬した鉄・銅・鉛などを鋳型に流し込んだもの。
海鼠板」「海鼠壁」「海鼠絞り」などの略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいそ【海鼠】

ナマコのこと。

こ【海鼠】

ナマコの古名。 〔和名抄〕

なまこ【海鼠】

ナマコ綱棘皮動物の総称。すべて海産。体は円筒形で左右相称。体の先端は多くの触手を伴った口が開き、後端は肛門となる。背面にはいぼがあり、腹面に並ぶ管足を動かして移動する。皮膚は柔軟だが無数の骨片を含む。砂泥中の微小生物を食う。マナマコ・キンコ・フジナマコなど1500種以上が知られ、体壁中に毒を含むものもある。マナマコを生食するほかこのこ(卵巣)やいりこ(干物)・このわた(内臓の塩辛)などに加工する。こ。 [季] 冬。 《 尾頭の心もとなき-かな /去来 》
製錬した鉄・銅・鉛などの金属を型に流し込んで固めたもの。
「海鼠板いた」の略。
「海鼠壁かべ」の略。
「海鼠餅もち」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鼠 (ナマコ)

動物。ナマコ綱に属する海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海鼠の関連キーワード俵物(ひょうもつ)海鼠餅・海鼠餠五種の削り物あられ(霰)上甑[村]久野弥兵衛丁銀・挺銀なまこ壁土竜打ち正月言葉海鼠曳き黒柳召波このわた土竜曳き水の平焼半右衛門朝鮮唐津海鼠釉いりこ海鼠腸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海鼠の関連情報