海鼠(読み)なまこ

精選版 日本国語大辞典「海鼠」の解説

なま‐こ【海鼠】

〘名〙
ナマコ類に属する棘皮(きょくひ)動物の総称。一般には食用にする種をさす。体は柔らかく、形はキュウリ状。体の先端に口があり、その周囲にある触手で微生物を捕える。腹面に運動器官として五列の管足があり、背面にはいぼがある。皮膚に含まれる微細な骨片は分類上の特徴となる。浅海から深海までの砂泥底や岩かげなどにすみ、夜活動する。マナマコ・キンコ・オキナマコなどは食用とし、なまで食するほか、干したものを海参(いりこ)と称して中華料理の材料に用いる。また、内臓を塩漬けにして海鼠腸(このわた)にする。かいそ。《季・冬》 〔文明本節用集(室町中)〕
② 柔らかくて捕えどころのないもの。ぐにゃぐにゃしたもの。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「いかにいかにと息筋はっても、正躰なまこふな付くはづみ。縁より下へころころころ」
③ 「なまこせん(海鼠銑)」のこと。
※歌舞伎・初冠曾我皐月富士根(1825)二番目「跡より畑右衛門、足軽の形にて海鼠(ナマコ)の袴、高股立ちにて」
⑤ 「そでがらみ(袖搦)」の異称。
※雑俳・柳多留‐六一(1812)「見附ては海鼠を串へ差て出」
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉冬「餠搗やなまこのし餠或は又〈碧童〉」
※歌舞伎・早苗鳥伊達聞書(実録先代萩)(1876)六幕返し「正面白地大形の襖、左右海鼠(ナマコ)の杉戸」

こ【海鼠】

〘名〙 動物「なまこ(海鼠)」の異称。〔十巻本和名抄(934頃)〕

かい‐そ【海鼠】

〘名〙 「なまこ(海鼠)」の異名。〔本草和名(918頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「海鼠」の解説

なま‐こ【海鼠】

ナマコ綱の棘皮(きょくひ)動物の総称。すべて海産。体は円筒形で前後に細長く、前端に口と触手、後端に肛門があり、皮膚の中に小さな骨片が散在。種類が多く、マナマコは生食のほか、海参(いりこ)海鼠腸(このわた)に加工する。 冬》尾頭のこころもとなき―哉/去来
製錬した鉄・銅・などを鋳型に流し込んだもの。
海鼠板」「海鼠壁」「海鼠絞り」などの略。

かい‐そ【海×鼠】

ナマコのこと。

こ【海鼠】

ナマコの古名。
(かれ)、今に―の口裂くるなり」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「海鼠」の解説

海鼠 (ナマコ)

動物。ナマコ綱に属する海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android