コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底噴火 かいていふんか

百科事典マイペディアの解説

海底噴火【かいていふんか】

海底で起こる火山の噴火現象。マグマが直接海水と接触するので急冷し,多量のガラス質火山灰を生じる。浅海底では爆発的な噴火が多いが,深海底では高い水圧のため爆発力は弱まると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海底噴火の関連キーワード硫黄島(いおうじま、鹿児島県)伊豆東方沖群発地震スルツエイ火山クラカトア火山ベストマン諸島大島(東京都)ベヨネース列岩ヘイマエイ火山クラカタウ島伊豆群発地震ブルカノ島霧島火山帯ウラカス島手石海丘伊豆諸島鵜渡根島須美寿島阿頼度島明神礁西之島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海底噴火の関連情報