コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海石 いくり

大辞林 第三版の解説

いくり【海石】

海中の岩。暗礁。 「唐の崎なる-にそ深海松ふかみる生ふる/万葉集 135」 〔「海石」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の海石の言及

【海高】より

…近世日本の色高(雑税)の一種で,海石(うみこく),海上石ともいう。江戸初期,海川付けの村が海川で行う漁猟採藻の収獲高を見積り,それを田畑同様村高に結んだもの。…

※「海石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海石の関連キーワード海石榴市(つばきのいち)海石榴市(つばいち)海柘榴市(海石榴市)額田部比羅夫阿賀沖北油田京葉工業地域ツバキ(椿)春日井 瀇スタトイル富山(市)市原(市)桜井(市)阿賀沖油田日本海石油玉木 愛石河辺青蘭物部影媛早坂一郎出光興産西脇呉石

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海石の関連情報