コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老名翹斎 えびな ぎょうさい

1件 の用語解説(海老名翹斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老名翹斎 えびな-ぎょうさい

?-? 江戸時代後期の儒者。
陸奥(むつ)の人で,江戸根岸にすんだ。旅行をこのみ,かつて京都へおもむいたとき四国まで足をのばしたこともある。「遊嚢(ゆうのう)日録」はそのおりの紀行で,林檉宇(ていう)の序文,安積艮斎(あさか-ごんさい)のあとがきで,文政4年(1821)に刊行された。名は絅。字(あざな)は叔尚。通称は周輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

海老名翹斎の関連キーワード飯室小櫃蒲田多門菊池素行七戸晴睦関屋致鶴遅塚速叟土岐貞範中島黄山丹羽雲気矢部騰谷