コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老名翹斎 えびな ぎょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老名翹斎 えびな-ぎょうさい

?-? 江戸時代後期の儒者。
陸奥(むつ)の人で,江戸根岸にすんだ。旅行をこのみ,かつて京都へおもむいたとき四国まで足をのばしたこともある。「遊嚢(ゆうのう)日録」はそのおりの紀行で,林檉宇(ていう)の序文,安積艮斎(あさか-ごんさい)のあとがきで,文政4年(1821)に刊行された。名は絅。字(あざな)は叔尚。通称は周輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海老名翹斎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android