林檉宇(読み)はやし ていう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林檉宇 はやし-ていう

1793-1847* 江戸時代後期の儒者。
寛政5年5月27日生まれ。林述斎の3男。鳥居耀蔵(ようぞう)の兄。佐藤一斎,松崎慊堂(こうどう)にまなぶ。幕府儒官となり,天保(てんぽう)9年(1838)大学頭(かみ)。弘化(こうか)3年12月6日死去。54歳。江戸出身。名は皝(ひかる)。字(あざな)は用韜。別号に培斎。著作に「澡泉(そうせん)録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

林檉宇 (はやしていう)

生年月日:1793年5月27日
江戸時代後期の幕府儒官
1846年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android