コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林檉宇 はやし ていう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林檉宇 はやし-ていう

1793-1847* 江戸時代後期の儒者。
寛政5年5月27日生まれ。林述斎の3男。鳥居耀蔵(ようぞう)の兄。佐藤一斎,松崎慊堂(こうどう)にまなぶ。幕府儒官となり,天保(てんぽう)9年(1838)大学頭(かみ)。弘化(こうか)3年12月6日死去。54歳。江戸出身。名は皝(ひかる)。字(あざな)は用韜。別号に培斎。著作に「澡泉(そうせん)録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

林檉宇 (はやしていう)

生年月日:1793年5月27日
江戸時代後期の幕府儒官
1846年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

林檉宇の関連キーワード海老名翹斎生年月日菱田房明鷹羽雲淙林壮軒

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android