コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海雲道会 かいうん どうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海雲道会 かいうん-どうえ

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。長門(ながと)(山口県)大寧寺の大庵須益(だいあん-しゅえき)に師事して印可をうけ,紀伊(きい)安楽寺(和歌山県)の2世となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海雲道会の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android