河食/河蝕(読み)カショク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河食
かしょく

河川による侵食作用のことで、正規侵食ともいう。河食には物理的に働く削磨または磨食作用と、化学的に働く溶食とがある。削磨作用とは流水の運ぶ砂礫(されき)の衝突や磨耗により河床や河岸を削り取る作用である。未凝固の堆積(たいせき)物からなる河床や河岸では水流のみの衝撃によっても侵食される。溶食は流れが岩石などの異物質を溶解して運搬除去する過程であるが、河床や河岸における溶食は、接触時間が短いために微々たるもので、河水中に含まれる多量の溶存成分は地下水からの供給による。河食の働く方向によって下刻と側刻とに分けることがある。河食による地形の進化のプロセスを河食輪廻(りんね)という。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の河食/河蝕の言及

【河食作用】より

…川の営む浸食作用のこと。河食,正規浸食ともいう。正規浸食とは地球上で最も広い範囲にわたって普遍的に行われる浸食作用という意味があるが,現在ではあまり用いられない。…

【浸食作用】より

風化作用によってあらかじめ地表が風化生成物の岩屑や土壌に覆われている状態は,浸食の進みにとってつごうがよいが,風化作用は浸食の前提として必須というわけではない。 浸食erosionはラテン語のerodo(嚙(かじ)り取る)に由来する語で,その作用(営力)の種類によって雨食,河食,雪食,氷食,溶食,風食などが区別される。浸食営力の種類によって生ずる地形の特色が異なるので,浸食は地形を理解するためにも重要な意味をもっている。…

※「河食/河蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android