消団連(読み)しょうだんれん(英語表記)National Liaison Committee of Consumers' Organization

知恵蔵の解説

消団連

日本生活協同組合連合会などを中心に1956年に開催された全国消費者大会決議に基づいて結成。主婦連などを中心に44(2006年8月現在)の消費者団体加盟。当初は、公共料金値上げ反対や円高差益還元など、物価問題が活動の中心テーマだったが、近年では食品の安全性や悪質商法追放など、運動の幅も拡大している。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだんれん【消団連】

1956年12月,日本生活協同組合連合会(日生協)が中心となり,消費者運動を推進するための幅広い統一組織として,主婦連合会などの婦人団体,総評などの労働組織なども加えて全国消費者団体連合会(全国消団連)を結成した。その後,都道府県単位の地方消団連も相次いで結成されてきているが,単に消団連といえば全国消団連を指す。全国消団連は,事務局を日生協におき,57年2月に第1回全国消費者大会を開き,64年以降は毎年同大会を主催するなど,日本の消費者運動に中心的な役割を果たしてきている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android