コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消衰効果 しょうすいこうか extinction effect

1件 の用語解説(消衰効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消衰効果
しょうすいこうか
extinction effect

X線や電子線 (→電子ビーム ) の結晶による回折の強度が,結晶内でただ1回だけ入射線が回折したときの値より小さくなる現象。完全結晶で1回の回折による回折波が同じ格子面で再び回折するために回折波の強度が減少することを一次効果,モザイク構造の単結晶において入射線が回折を起した分だけ減少するのを二次効果という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消衰効果の関連キーワード電子ビームX線結晶学電子ビーム溶解REB中性子線ワイアール方程式電子ビームキュアリング電子ビーム描画装置電子ビーム溶解法電子ビーム溶接

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone