消費単位(読み)しょうひたんい(英語表記)consumption unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費単位
しょうひたんい
consumption unit

世帯の家計消費を厳密に比較しようとする際に用いられる一種の換算率。 E.エンゲルによって考案された。家計費世帯員の数,年齢,職業などの差異に応じて変るため単に家計費を比べるだけでは正確な比較はできない。そのため平均的な個人を基準として換算率 (修正要素) を決め,異質な要素をもつ世帯員を平均的な個人単位に換算する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android