コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液晶プロジェクター えきしょうぷろじぇくたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

液晶プロジェクター

液晶パネルを用いて、パソコンなどの画面を拡大投射するプロジェクター。小型軽量で、パソコンのプレゼンテーションで作成した資料をそのままの状態で表示できるなど、従来の主流であったOHPに比べ優れた点が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えきしょう‐プロジェクター〔エキシヤウ‐〕【液晶プロジェクター】

liquid crystal shutter projector液晶パネルを使って、スクリーンに拡大投影する装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

えきしょうプロジェクター【液晶プロジェクター】

液晶パネルを透過した画像をスクリーンなどに拡大して投影する装置。コンピューターのディスプレーとして、会議や打ち合わせにおけるプレゼンテーションなどで用いられることが多い。◇「LCD projector」から「LCP」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

液晶プロジェクターの関連キーワードマイクロレンズアレイANSIルーメンコールドミラーエプソン販売フジノン佐野アイドホールジオマテックUHPランプハイパー映機工業Wooo

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android