コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡路島産の翼竜 あわじしまのよくりゅうPterosaur from Awaji Island

知恵蔵の解説

淡路島産の翼竜

兵庫県淡路島の白亜紀層からは、従来、南あわじ市の西淡(せいたん)層(約7500万年前)産のアズダルコ科翼竜の頸椎(けいつい)と思われる化石が報告されていた。一方、同じ南あわじ市に分布する北阿萬層砂岩(約7000万年前)から、かつてアンモノイド類のバキュリテスとして報告されていた化石が最近再検討され、アズダルコ科(?)翼竜の第四中手骨の一部であると同定記載された。化石は保存全長約13.5cmで、著しく薄い骨壁、外側表面がつやつやと、しゅす状に滑らかなことから翼竜化石と分かり、骨軸の断面がD型をなすので翼中手骨と判明した。中手骨の長さから翼指竜類であると分かるが、軸幅が顕著に挟まることや遠位観で横断面が太り気味のD型を呈し、カナダ恐竜公園層産のアズダルコ類の中手骨や、米国テキサスのジャベリナ層産ケツァルコアトルスの中手骨と類似する。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android