コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西淡 せいだん

2件 の用語解説(西淡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西淡
せいだん

兵庫県南部,南あわじ市北西部の旧町域。淡路島の南西部に位置し,播磨灘に面する。 1957年湊町と松帆村,津井村,伊加利村,阿那賀村,志知村の5村が合体して発足。 2005年町,三原町,南淡町の3町と合体して南あわじ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西淡
せいだん

兵庫県淡路(あわじ)島の南西部、三原郡にあった旧町名(西淡町(ちょう))。現在は南あわじ市の西端部を占める一地区。1957年(昭和32)湊(みなと)町と松帆(まつほ)、津井(つい)、伊加利(いかり)、阿那賀(あなが)、志知(しち)の5村が合併して西淡町が成立。2005年(平成17)緑(みどり)町、三原町、南淡(なんだん)町と合併、市制施行して南あわじ市となる。中心集落の湊は古代からの港で三原川河口に立地し、北部海岸慶野(けいの)松原は国指定名勝。国指定重要文化財として、隆泉(りゅうせん)寺の横帯文銅鐸(どうたく)、日光(にっこう)寺の袈裟襷(けさだすき)文銅鐸がある。1985年、四国との間に本州四国連絡道路の一部、大鳴門橋(おおなるときょう)が完成。神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原・淡路島南インターチェンジがある。レタス、タマネギ栽培や酪農、肉用牛の飼育が盛ん。地場産業として瓦(かわら)製造がある。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西淡の関連情報