コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡路瓦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

淡路瓦

三州瓦(愛知県)、石州瓦(島根県)とならぶ日本三大産地の瓦。銀色に光る「いぶし瓦」の出荷量は全国の45%(04年工業統計)で日本一。部品ごとに家内工業的に生産する中小零細事業者が多い。淡路瓦工業組合の加盟業者の従業員は計約1200人。

(2006-06-09 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

淡路瓦[陶磁]
あわじかわら

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
淡路島で生産された粘土かわら。江戸時代初期の1613(慶長18)年に成山城が築かれた際に、淡路瓦が焼かれたという。淡路の良質な粘土を用いて高温焼成される。いぶし銀に輝くいぶし瓦は生産・出荷量は全国一を誇る。2007(平成19)年3月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5030591号。地域団体商標の権利者は、淡路瓦工業組合。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内の淡路瓦の言及

【西淡[町]】より

…三原川河口の湊港は,西海岸の玄関口をなし,南部の丸山漁港や阿那賀港はワカメやノリの養殖,タイの漁業基地となっている。米作,タマネギ栽培と酪農の複合経営による農業が盛んで,淡路瓦(黒瓦,陶器瓦)の生産が重要な地場産業となっている。北部の慶野松原(名)は夏季に海水浴客でにぎわう。…

※「淡路瓦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淡路瓦の関連キーワード兵庫県南あわじ市南あわじ(市)山田 脩二淡路(市)西淡[町]南あわじ市近畿地方竹岡良子三州瓦淡路島西淡

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淡路瓦の関連情報