コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深成変成作用 しんせいへんせいさようplutonic metamorphism

岩石学辞典の解説

深成変成作用

高度の広域変成作用では,片麻岩組織となるよりも,白粒岩,チャルノック岩,榴輝岩などのように,片麻状構造よりも寄木状組織(granoblastic)をとる岩石が発達するのが特徴である.このような変成作用が深成変成作用[Harker : 1889, Sederholm : 1899, Spry : 1969].深部の条件下では変成作用は変成岩火成岩の移行する部分なので従来の岩石学では扱いにくく,深成変成作用は広く使用されている語ではない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

深成変成作用の関連キーワード日高造山運動地下変質地背斜

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android