深成論(読み)しんせいろん(英語表記)plutonism

岩石学辞典の解説

深成論

(1) 地下深部でできたマグマの地表への噴出,地殻内への貫入などと,それに伴う地殻深部で起こる様々な過程.(2) 地質学では地球の歴史の上で深成岩火山岩の活動は重要な役割を果たしてきたとされている.高温の流動的な岩石物質から花崗岩などの深成岩が形成されたという考えはハトンが18世紀後半に発表し,plutonismの語を用いた[Hutton : 1795, Read : 1948].すべての岩石はマグマから固結したという説が岩石火成説あるいは深成論である[渡辺編 : 1935].Plutoはギリシアの地獄の神のこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android