コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫入 かんにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貫入
かんにゅう

貫乳,開片ともいう。素地 (うわぐすり) の膨張率の差などによって,陶磁器の釉に細かいひびの入った状態をいう。一種の装飾とみなされ,鑑賞上の重要な見どころとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐にゅう〔クワンニフ〕【貫入】

[名](スル)
貫いて入ること。また、突き抜いて入れること。
マグマが地層や岩石内に入り込んで固まり、新しい火成岩体をつくること。
貫乳(かんにゅう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

貫入

injection: 注入作用(injection)のこと.
intrusion: マグマあるいはそれの多少とも固結した岩塊が,地下のある深さの既存の岩石中に入り込んで位置を占めて,新しい火成岩体を形成する過程[片山ほか : 1970].この語は固化したマグマによって形成された岩石の塊を述べる名詞としても使用される.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんにゅう【貫入】

( 名 ) スル
つきぬいて中にはいること。また、いれること。
地下深部で発生したマグマが地殻内の種々の深さに上昇する現象。地表に出てくる噴出に対する語。
貫乳かんにゆう 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫入
かんにゅう

施釉(せゆう)陶磁器の釉面に現れたひび割れについての日本での呼称。貫入の語源は官窯(かんよう)にあるとされる。すなわち、中国の南宋(なんそう)官窯の名高い青磁が、釉(うわぐすり)に大小のひびが入った装飾によって特色を発揮したため、官窯の転じた貫入が釉薬のひび割れをさすこととなった。貫入には、釉薬と素地との収縮率の相違から生じる場合と、釉薬が長年の風雪を経て生じる場合とがある。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貫入の言及

【岩脈】より

…垂直に近い板状貫入岩体。直立していないものは岩床という。…

※「貫入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貫入の関連キーワードミグマタイト・プルトン,ミグマ・プルトンインターブーデイン・プルトン後キネマティック花崗岩オートプラスティック一次性先結晶時貫入エンドバソリス期サブトルージョン貫入ミグマタイト貫入性微角礫岩不整合貫入岩体ロポリス的シル迸入岩・逬入岩運動分化作用サージェンス先行捕獲結晶テニオ花崗岩非独立性貫入側方吸収作用後変動時貫入輪状貫入岩体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貫入の関連情報