コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴出 フンシュツ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐しゅつ【噴出】

[名](スル)狭いところから強い勢いでふき出すこと。また、ふき出ること。「火口から水蒸気が噴出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

噴出

地球の表面の火山または割れ目から放出された火山岩熔岩火山砕屑物に用いる.これらは深部に位置している火成岩と区別される[Rosenbusch : 1882, Johannsen : 1931].迸流(extrusive),火山性(volcanic)と同じ意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふんしゅつ【噴出】

( 名 ) スル
ふき出ること。ふき出すこと。 「溶岩が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

噴出の関連キーワードターボファンエンジンスーパークラスタル岩噴火マグニチュードバブルジェット方式カイシオジェニアス龍・穴・砂・水サージ(太陽)噴火エネルギー火山構造性凹地ランプロアイトジェット推力時間分化作用噴火の規模二次火成岩噴火の定義水蒸気爆発マグマ混合ガス火山気泡浴槽火山作用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噴出の関連情報