コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深田精一 ふかだ せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深田精一 ふかだ-せいいち

1802-1856* 江戸時代後期の儒者。
享和2年生まれ。深田香実の長男。尾張(おわり)名古屋藩につかえ,漢詩をよくした。12代藩主後継問題では,松平義恕(よしくみ)(のち14代藩主徳川慶勝)を擁立する金鉄党に属して活動した。安政2年12月27日死去。54歳。号は百信庵,木石居。著作に「黙黙余声」「煎茶訣(せんちゃけつ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深田精一の関連キーワードきゅうす(急須)儒者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android