コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深田香実 ふかだ こうじつ

1件 の用語解説(深田香実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深田香実 ふかだ-こうじつ

1773-1850 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。深田九皐(きゅうこう)の長男。石川香山,中村習斎にまなび,尾張(おわり)名古屋藩につかえる。江戸で藩主徳川斉朝(なりとも)の侍講をつとめ,帰藩後は書物奉行として「尾張志」を監修した。嘉永(かえい)3年6月19日死去。78歳。名は正韶(まさつぐ)。字(あざな)は子縄。通称は増蔵。編著に「稽徳(けいとく)編」「天保会記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深田香実の関連キーワードテーラーティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱雲華道光帝序曲難波抱節ニーマン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone