添付ファイル(読み)てんぷふぁいる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

添付ファイル

メールの本文(メッセージ)以外に、主にバイナリ形式ファイルを追加して送信できる仕組みのこと。UUENCODEなどのエンコード方式を使ってデータをテキスト化し、本文に貼り付けて送信することもできる。また、MIMEでは「マルチパート」として添付ファイルが実現されており、テキスト本文とバイナリデータは区別されない。MIMEを使えば、たとえばファイル名を伴った添付ファイルとしてではなく、画像データを本文として送信することもできるので、メールの本文内に直接画像を表示できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

添付ファイル

電子メールで送受信されるファイルのことです。添付ファイルはどのような形式でもすべてテキストデータに変換され、本文と一緒に送信されます。受信側は、本文と添付ファイルのデータを分離し、もとのファイルを復元します。こんな回りくどいことをするのは、電子メールの規格がもともとテキストデータのやり取りのみを前提に開発され、「ファイル」という存在を考慮していないためです。それでは不便なので、後年になってファイルをテキストに変換して本文の一部として送る規格が追加されたのです。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報