清原マリア(読み)きよはらのまりあ

朝日日本歴史人物事典「清原マリア」の解説

清原マリア

生年生没年不詳
江戸前期のキリシタン。キリシタンとの宗論後に改宗した公卿清原枝賢の娘。「おイトの方」と呼ばれる。細川忠興夫人玉子(細川ガラシア)の侍女となり,天正15(1587)年G.セスペデスより大坂教会において受洗,マリアと称する。同年玉子に自ら洗礼を授け,剃髪して玉子に貞潔を誓った。

(宮崎賢太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「清原マリア」の解説

清原マリア きよはらの-マリア

?-? 織豊時代の女性。
細川忠興(ただおき)夫人ガラシャの侍女。キリスト教に入信した父清原枝賢(えだかた)の感化をうける。伴天連(バテレン)追放令下の天正(てんしょう)15年(1587)に受洗し,ついでガラシャの洗礼をたすけた。通称は小侍従,おいとの方

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android