コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小侍従 こじじゅう

4件 の用語解説(小侍従の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小侍従
こじじゅう

平安時代末期の女流歌人。建仁1 (1201) 年に 80歳ぐらいで生存。石清水八幡宮別当紀光清の娘。二条天皇太皇太后宮に仕えた女房。歌集『小侍従集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじじゅう【小侍従】

平安末期の女流歌人。石清水(いわしみず)八幡宮別当紀光清の娘。二条天皇、のち高倉天皇に仕えた。平家物語の月見の章に、藤原実定との和歌の贈答により「待宵(まつよい)の小侍従」とよばれた挿話がある。家集「小侍従集」。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

小侍従

没年:建仁2頃(1202)
生年:保安2頃(1121)
平安末期・鎌倉初期の歌人。父は石清水八幡宮別当紀光清,母は菅原在良の娘で花園左大臣家小大進。父母ともに勅撰歌人である。中納言藤原伊実の妻となるが,40歳ごろ死別。二条天皇,太皇太后宮多子,高倉天皇に仕え,治承3(1179)年出家した。平経盛,源頼政・師光,藤原実定・隆信などの歌人と交渉があり,諸家の歌合に参加。殷富門院大輔と共に当代女性歌人の双璧とされた。歌風は華やかで,返歌の才に優れていたという(『無名抄』)。『平家物語』月見の段に語られる和歌説話で知られ,「待宵の小侍従」と称された。晩年は後鳥羽院歌壇に連なり,『正治初度百首』『千五百番歌合』に出詠した。家集『小侍従集』がある。

(田仲洋己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こじじゅう【小侍従】

平安末期の女流歌人。紀光清の女むすめ。二条天皇に出仕、崩御後は太皇太后多子ますこに、のち高倉天皇に仕えた。「待つ宵にふけゆく鐘の声きけばあかぬ別れのとりはものかは」の秀歌を詠み「待宵の小侍従」と呼ばれた。生没年未詳。家集「小侍従集」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小侍従の関連キーワード隅田八幡宮放生会石清水石清水放生会試楽薪荘鞆淵荘横田荘行教美濃局(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小侍従の関連情報