コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小侍従 こじじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小侍従
こじじゅう

平安時代末期の女流歌人。建仁1 (1201) 年に 80歳ぐらいで生存。石清水八幡宮別当紀光清の娘。二条天皇太皇太后宮に仕えた女房。歌集『小侍従集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

小侍従

没年:建仁2頃(1202)
生年:保安2頃(1121)
平安末期・鎌倉初期の歌人。父は石清水八幡宮別当紀光清,母は菅原在良の娘で花園左大臣家小大進。父母ともに勅撰歌人である。中納言藤原伊実の妻となるが,40歳ごろ死別。二条天皇,太皇太后宮多子,高倉天皇に仕え,治承3(1179)年出家した。平経盛,源頼政・師光,藤原実定・隆信などの歌人と交渉があり,諸家の歌合に参加。殷富門院大輔と共に当代女性歌人の双璧とされた。歌風は華やかで,返歌の才に優れていたという(『無名抄』)。『平家物語』月見の段に語られる和歌説話で知られ,「待宵の小侍従」と称された。晩年は後鳥羽院歌壇に連なり,『正治初度百首』『千五百番歌合』に出詠した。家集『小侍従集』がある。

(田仲洋己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こじじゅう【小侍従】

平安末期の女流歌人。紀光清の女むすめ。二条天皇に出仕、崩御後は太皇太后多子ますこに、のち高倉天皇に仕えた。「待つ宵にふけゆく鐘の声きけばあかぬ別れのとりはものかは」の秀歌を詠み「待宵の小侍従」と呼ばれた。生没年未詳。家集「小侍従集」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小侍従の関連キーワード小侍従(1)はかなくなる物かはの蔵人清原マリア富小路明子待宵小侍従乳主讃岐放つ