伴天連/破天連(読み)バテレン

デジタル大辞泉の解説

バテレン【天連/天連】

《父・神父の意の、〈ポルトガル〉padreから》
キリスト教が日本に伝来した当時の、カトリックの宣教師の称。パードレ。→イルマン
キリスト教およびキリスト教徒の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バテレン【伴天連】

ポルトガル語のパードレpadreに由来するキリシタン用語。司祭,神父を意味し,司祭職にある聖職者をいう。布教組織の指導的立場にあり,階級的にはイルマンの上位に位置する。波阿伝連,破提連,はてれんなどと書くこともある。【岸野 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バテレン【伴天連】

ポルトガル padre(師父の意)から〕
キリスト教伝来に際して渡来した宣教師・司祭。パードレ。 → イルマン
キリスト教の俗称。 「 -信者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伴天連/破天連の言及

【伴天連追放令】より

…(2)以心崇伝が1613年(慶長18)徳川家康の命により作成した排キリシタン令。通常伴天連追放文と呼び(1)と区別する。将軍徳川秀忠の名で公布され,江戸時代を通じて幕府のキリシタン禁制の基本法となった。…

※「伴天連/破天連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報