コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原貞光 きよはらの さだみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原貞光 きよはらの-さだみつ

?-? 平安時代後期の漆工。
「山槐(さんかい)記」によれば,元暦(げんりゃく)元年(1184)後鳥羽(ごとば)天皇の大嘗会(だいじょうえ)用の器類をつくった名匠のひとり。清原貞安(さだやす)とともに平文師(ひょうもんし)として名高かった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清原貞光の関連キーワード漆工

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android