清教徒神政政治(読み)せいきょうとしんせいせいじ(英語表記)Puritan theocracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清教徒神政政治
せいきょうとしんせいせいじ
Puritan theocracy

北アメリカのマサチューセッツ湾植民地を建設した清教徒たちによって始められた政教一致の教会国家体制をいう。この植民地の清教徒指導者たちは,神の至上権に服する理想の国の建設を企図して,信仰を異にする異端者の迫害,追放や,教会への出席の強制を政治にゆだねる態度をとった。これに反対して追放された R.ウィリアムズのプロビデンス植民地をはじめ,ロードアイランドやコネティカットは,マサチューセッツからの追放者移住民によって建設された植民地である。マサチューセッツの神政政治は同植民地が王領植民地となった 1691年まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android