コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神政政治 しんせいせいじ theocracy

翻訳|theocracy

3件 の用語解説(神政政治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神政政治
しんせいせいじ
theocracy

神権政治ともいう。語源はギリシア語の theos (神) と kratos (権力) にあるが,J.ヨセフスの造語である。元来,貴族政治や民衆政治と対比される政治体制であり,神が国家を統治する国家形態をいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神政政治
しんせいせいじ
theocracy

神の支配(セオクラシー)」が原語の意味であり、「民の支配(デモクラシー)」などと同じく支配の形態および特徴を表す。このことばを最初に用いたのは、ユダヤの歴史家ヨセフスであるといわれ、彼はこれによって、『旧約聖書』にみられるような、政治的支配および権威の源泉を神に在(あ)るとするイスラエルの特殊な政治形態をさした。古代では生活のあらゆる領域が神の意思や神との契約によって律されるべきものとされたので、政治もその例外ではなかった。したがって神政政治では、神の意思を正しく受けかつこれを伝えるものはだれか、が決定的問題となる。それは、神によってたてられたカリスマ的指導者である預言者、僧侶(そうりょ)、王などであり、神の意思を第一とする限り、神政政治は「僧侶政治(ヒエロクラシー)」や「王政」の形をとることもある。神政政治の王が近代の「神授権説」の王と異なるのは、神の意思に背く場合、預言者によって批判され廃位されることである。[飯坂良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神政政治の関連キーワードアレゴリーサラセンツァーリエピゴーネンカリアティードコプト神権政治ギリシア喜劇コイネー・ギリシア語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神政政治の関連情報