コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水卯三郎 しみず うさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水卯三郎 しみず-うさぶろう

1829-1910 幕末-明治時代の商人。
文政12年3月4日生まれ。母方の伯父根岸友山,箕作阮甫(みつくり-げんぽ)にまなぶ。慶応3年(1867)パリ万国博に日本の美術品を紹介,陶器絵の具,石版印刷器械をもちかえる。東京に瑞穂屋をひらき,洋書や歯科医療器具などを輸入販売。明六社に参加し,仮名文字普及を提唱した。明治43年1月20日死去。82歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。名は直。字(あざな)は子礼。号は蕪軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水卯三郎の関連キーワード仮名文字運動明治時代言文一致

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水卯三郎の関連情報