清水聡(読み)しみず さとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水聡 しみず-さとし

1986- 平成時代のボクシング選手。
昭和61年3月13日生まれ。階級フェザー級,バンタム級。サウスポー,179cmの長身。平成16年国体フェザー級で優勝。19年全日本選手権,国体のフェザー級で優勝。20年アジア選手権で準優勝して北京五輪代表となったが初戦敗退。21年自衛隊体育学校に入校(現・2等陸曹)。同年全日本選手権フェザー級で優勝,アジア選手権バンタム級で3位。24年ロンドン五輪バンタム56kg級に出場,2回戦(対・アゼルバイジャンのマゴメド・アブドゥルハミドフ)で負けの判定を不服として提訴し,判定を覆してベスト8にすすみ,準々決勝も勝利して銅メダルを獲得。26年国際連盟(AIBA)が設立したプロ団体(APB)に参加。岡山県出身。駒沢大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水聡の関連情報