コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清議報 せいぎほうQing-yi-bao; Ch`ing-i-pao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清議報
せいぎほう
Qing-yi-bao; Ch`ing-i-pao

中国,清末に日本に亡命中の変法派 (→変法自彊運動 ) の人々が横浜で発行した旬刊の機関誌。光緒 24 (1898) 年 11月 11日 (太陽暦 12月 23日) 創刊。同 27年 11月 11日 (太陽暦 12月 21日) 停刊,全 100冊。梁啓超を主幹とし,在日華商らの援助を得て刊行。その論調は,立憲君主制下における民権論の強調にあり,中国の危機を訴えた。梁啓超の『戊戌政変記』や譚嗣同の『仁学』などは初め本誌に掲載されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

清議報の関連キーワード新民叢報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android