仁学(読み)じんがく(英語表記)Ren-xue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁学
じんがく
Ren-xue

中国,清末の革命思想譚嗣同 (たんしどう) の主著。上下2巻。 1896~97年の作という。康有為の変法自強運動の熱烈な協力者であったは,思想上でもの『大同書』の主張継承孔子を改革者とし,素朴な科学知識をあてはめて,宇宙に充満するエーテルという根本原理であるとした。また仏教キリスト教なども取入れて,極端な博愛平等を主張,中国の旧秩序を激しく批判し,理想社会の実現を説いた。譚の刑死後,日本の横浜で梁啓超により出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

仁学【じんがく】

中国,譚嗣同(たんしどう)の著。上下2巻。別題は《台湾人所著書》。1897年刊。仏教の唯識(ゆいしき)や華厳(けごん)の思想と西洋の自然科学の知識をとり入れた啓蒙思想書。国家,家族における上下関係の廃止,婦人の解放など万物の無差別平等を主張し,清朝を攻撃したため発禁となる。梁啓超(りょうけいちょう)が日本(横浜)で出版し,辛亥(しんがい)革命の一起因となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報