変法自彊運動(読み)へんぽうじきょううんどう(英語表記)Bian-fazi-qiang yun-dong; Pien-fa-tzü-chiang yün-tung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変法自彊運動
へんぽうじきょううんどう
Bian-fazi-qiang yun-dong; Pien-fa-tzü-chiang yün-tung

中国,清末の立憲君主制を目指した政治改革運動。日清戦争後,康有為梁啓超らによって推進され,日本の明治維新にならって憲法制定,国会開設,商工業奨励などを唱えた。光緒 24 (1898) 年には光緒帝のもとに戊戌 (ぼじゅつ) の変法を実施したが,西太后クーデターで失敗し,康,梁は亡命。 20世紀になると憲法制定,国会開設を目指す立憲運動が展開されたが,清朝打倒,共和国樹立を目指す孫文らの革命運動が活発となっていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android