渋谷駅周辺再開発プロジェクト(読み)しぶやえきしゅうへんさいかいはつぷろじぇくと

知恵蔵miniの解説

渋谷駅周辺再開発プロジェクト

東急グループが中心となって進める渋谷駅周辺の大規模開発プロジェクト。JR線と国道によって分断されている街区行き来のしやすさを高めることや、増改築によって複雑化した駅の構造を整理することを目的としている。2027年頃までに駅周辺に歩行者デッキやエレベーターエスカレーターを設置することで回遊性を向上させ、JR線と東京メトロ銀座線のホームを移動することで東急東横線や東京メトロ副都心線との乗り換えをしやすくする。新しい複合施設の開発も進んでおり、12年には駅東側に「渋谷ヒカリエ」、17年には駅北側に「渋谷キャスト」、18年には駅南側に「渋谷ストリーム」「渋谷ブリッジ」が開業した。19年には駅直上の「渋谷スクランブルスクエア」と駅西側の「渋谷フクラス」が開業する。

(2019-8-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android