コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減税国債 げんぜいこくさい

1件 の用語解説(減税国債の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんぜいこくさい【減税国債】

減税の特典のついた国債をいう。1949年3月のドッジ・ライン以降,日本の財政は収支均衡主義がとられてきたが,53年度に至り,国民貯蓄水準の上昇と,法人と個人からの強い減税要求を背景に特別減税国債が発行された。発行条件は年利率4%と低率であったが,民間資金の吸収を図るため,応募した個人・法人に対して応募額の一定割合(個人25%,法人21%)の税の軽減措置を講じた。発行予定額は200億円であったが,実績は142億円にとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

減税国債の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone