コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減税国債 げんぜいこくさい

1件 の用語解説(減税国債の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんぜいこくさい【減税国債】

減税の特典のついた国債をいう。1949年3月のドッジ・ライン以降,日本の財政は収支均衡主義がとられてきたが,53年度に至り,国民貯蓄水準の上昇と,法人と個人からの強い減税要求を背景に特別減税国債が発行された。発行条件は年利率4%と低率であったが,民間資金の吸収を図るため,応募した個人・法人に対して応募額の一定割合(個人25%,法人21%)の税の軽減措置を講じた。発行予定額は200億円であったが,実績は142億円にとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

減税国債の関連キーワード中期国債長期国債リカードの等価定理乙子の朔日太郎の朔日特典散蒔き減税無利子国債餌のついた釣針株式譲渡益・配当所得への減税

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone