渡切(読み)わたしきり

精選版 日本国語大辞典の解説

わたし‐きり【渡切】

〘名〙 (一定額の金銭などを)渡したままにすること。特に、国の会計上、郵便局など特殊な経理を必要とする官署について、一定の金額で事務費を支弁させるため経費を支給すること。後日精算の必要はなく返納または追給も行なわれない。〔会計法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる