経理(読み)ケイリ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
会計・給与に関する事務。また、それを処理すること。「経理に明るい」
治めととのえること。
「天下を―することなど一向に相談もならぬ物になったでござる」〈西周・百一新論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① きまりをつけて、ととのえること。経営処理すること。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「将念留迹於久年、紹隆仏法。住化於長齢、経理天下
※百一新論(1874)〈西周〉下「山陽先生などは〈略〉天下を経理する事など一向に相談もならぬ物になったでござる」 〔史記‐始皇本紀〕
② 会計、給与に関する事務。また、その処理やその係の人。計理。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉二「国家宜しく其経理する所の資用を以て総国の幸福を増益し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経理の関連情報