渡辺謙(読み)わたなべ けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺謙 わたなべ-けん

1959- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和34年10月21日生まれ。昭和57年演劇集団「円」の団員となる。「タンポポ」「海と毒薬」に出演して注目され,62年NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の主役に抜擢された。平成11年「絆」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。16年には「ラスト・サムライ」でアメリカ・ゴールデングローブ賞とアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。19年「明日の記憶」でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞,日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。21年安吾賞。「沈まぬ太陽」で21年報知映画賞主演男優賞,22年日本アカデミー賞最優秀主演男優賞。平成元年と6年白血病で入院したが復帰して活躍している。27年ニューヨーク・ブロードウェーで上演中の「王様と私」でトニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされる。新潟県出身。小出高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

渡辺 謙


芸名
渡辺 謙

性別
男性

生年月日
1959/10/21

星座
てんびん座

干支
亥年

血液型
A

出身地
新潟県

身長
184cm

体重
80kg

靴のサイズ
26.5cm

職種
タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
スキー/テニス/野球

趣味・特技
トランペット

プロフィール
1978年に上京。演劇集団・円の養成所を経て、1979年円に入団。研究生時に、蜷川幸雄演出『下谷万年町物語』で主役に抜擢され話題に。1982年にTBS『未知なる反乱』でテレビデビュー。映画『海と毒薬』では映画初主演を果たし、演技力に磨きをかける。1987年にはNHK大河ドラマ独眼竜政宗』に主演、以降数々のテレビドラマに出演する。2003年、トム・クルーズ主演映画『ラストサムライ』に出演し、その演技が米国でも高い評価を受ける。2007年の米アカデミー賞では、プレゼンターを務め、ハリウッド俳優として全世界でその名は知られている。主な出演作品に、映画『バットマン ビギンズ』『ダレン・シャン』『SAYURI』『硫黄島からの手紙』、日本テレビ『遠まわりの雨』、CM『NTTドコモ「ひとりと、ひとつ。」』他多数。

代表作品
NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』 / 映画『ラストサムライ』 / 映画『バットマン ビギンズ』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺謙の関連情報